独身と結婚|女性と男性が生涯独身でいるということ

近年、都市部を中心に独身者の比率は高まってきています。
経済的に自立している女性も増え、一人身を選ぶ女性も増えています。

しかし、なぜ独身なのか?と聞くと、ほとんどの人は「理想の相手がいない」と言います。 独身のままで40代、50代になると、相手に求める条件・理想が高くなりすぎてしまって、簡単に結婚できないのです。

経済的に自立した女性。それに対し、「男性は結婚できない男」がクローズアップされます。 現在でも、依然として結婚相手の男性には経済性を求める女性は多いですが、一方で女性の社会進出や自立性も高まったため、 求める条件は多様化しています。優しさ、安心感、etc、、、

自立している男女は、独身貴族などと呼ばれ、優雅に自由な生活を送っている人もいます。しかし一長一短であり、 家族を持ちたいという気持ちになることも少なくはないでしょう。一生独身でいるということは、老後のリスクや 寂しさを考えるとできれば避けたいものです。結婚はしようと思ったときに相手がいなければできないものなので、 タイミングをできるだけ逃さないようにしなければなりません。 逆に結婚している人はたまには家族のしがらみから離れて自由になりたいと思う人もいるとは思いますが、それは幸せな悩みだと思います。

「理想の結婚相手がいない、出会えない」

日本には1億2000万人もの人がいるのに、一生のうちに出会える人数は限られています。 どこかに理想の人がいるはず・・・と思っても、出会えなければ本当にただの理想で終わってしまいます。 積極的に出会いを探していくのはどうでしょうか? 当サイトでは結婚相談所や結婚情報サービスの比較・紹介をしています。

結婚相談所と結婚情報サービスの比較